賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

今の賃貸マンションに引っ越してきた時、いらないものは捨て、ダンボールには番号を書くという方法を実行しました。

賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

賃貸マンションに引っ越した時私がやったこと。

賃貸マンションに引っ越した時私がいろいろと考えたことをあげてみます。引っ越しの際にはとにかく早い段階からいらないものを捨てる作業からはじめるのが得策です。いざ荷造りをしなければならない時、いるものといらないものを分別しているとそれだけで膨大な時間をとられるからです。最低限必要なものだけにすればこれほど楽な荷造りはありません。荷物を入れるダンボールは引っ越し業者が用意してくれます。なのでそれもできるだけ早く届けてくれるよう手配します。

実際に荷物を詰める時はそれを使う部屋ごとに箱に割り振っていきます。そしてダンボールには割れ物を明記し、中に入っているもののおおまかな品名を書きます。ただ箱の中身をすべて書くわけにはいきません。なのでダンボールにナンバーを入れて別の用紙に何番には何が入っているという細かいデータを書き留めていきます。これで引っ越したさきで荷物を開封するときに何番の箱に何が入っているかということがすぐわかります。

そしてダンボールはとにかく丁寧にしっかりとガムテープを貼ることです。荷造りヒモはなるべく使わないほうが良いと思います。なぜなら素人が結ぶと意外とほどけやすいからです。それと本を箱に詰める際、どうしても中途半端な隙間ができてしまいます。その隙間にCDを詰めると多少扱い方が乱暴でもCDは割れないですみます。こういった隙間を利用すると、割れ物は意外に安全に運ぶことができるものです。

Copyright (C)2017賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。.All rights reserved.