賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

キャンプ村のような賃貸設備を作ることで多くのホームレスを社会復帰させることが出来るでしょう。

賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。

賃貸を工夫してホームレスの社会復帰に活用する

賃貸物件と言うと住む場所を提供するものですが、もっと最低限の場所だけを貸すと言うやりかたがあってもよさそうです。たとえばキャンプ場をイメージして欲しいのですが、あれは土地と水道、トイレなどを提供するだけで、基本的に住む場所は自分持ちな訳です。もし都会にそうしたキャンプ村のような施設を作れば、家賃の安さから意外と多くの人が集まる可能性はあるのではないでしょうか。ホームレスの人にとっては安心して眠れる場所があるのは大きいことだし、家賃だって相当抑えることが出来るのだから、ためしにそうしたキャンプ場を作ってみてもいいはずです。

日本ではホームレスといってもそれなりに学校を卒業している人が多いのだし、キャンプ村が無法地帯になることはまず考えられません。またそうした人を一箇所に集めることで公的なサービスを多くの人に周知徹底させることも容易になるでしょうから、それが経費の節約にもなるのではないでしょうか。特に就職先の支援についてはそれを求める人が一箇所に集まると言うのは大きな意味があるはずだし、現在のようにあちこちばらばらになって生活を続けるよりは、社会復帰がずっと容易になるはずです。そのためにもキャンプ村のような賃貸設備は大きな効果があるでしょう。

Copyright (C)2017賃貸とマイホームのどちらを選ぶか。.All rights reserved.